一生自分の歯で食べるには!



当サイトは上尾市のホワイト歯科監修の予防歯科の専門サイトです。


歯周病と全身の病気の関係

歯周病は細菌の感染症です。細菌が歯周組織に感染すれば歯周病となり、細菌が血液や唾液などに混じって全身に流れていけば歯周病以外の病気になる可能性があります。
近年では口の中の細菌である歯周病菌が原因で、全身のそのほかの病気に関係するとされています。

歯周病と糖尿病

糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周病にかかっている人が多い
糖尿病になると、唾液の分泌量が減ることで、歯周病菌が増殖ししたり、免疫機能が低下して、歯周病が進行しやすくなると考えられており、逆に、歯周病になると糖尿病の症状が悪化する相互関係も明らかになってきています。

歯周病と心筋梗塞

重度の歯周病を患っていると心筋梗塞になるリスクが高まるという研究結果も
なぜ歯周病が心筋梗塞に関係するのでしょうか。
歯磨きを怠って、歯周ポケットに歯周病菌がたまると、歯周病菌の毒素が歯茎が傷つけます。
傷の部分から歯周病菌が血管の中に侵入し、一部は白血球の防御から逃れて血液に入ってしまい、血小板が血栓を作ってしまいます。これが、歯周病が心筋梗塞に関係する原因となります。
また長年喫煙を続けていたり、高カロリーの食事などによって動脈硬化気味の血管には、血栓が付着することで心筋梗塞に発展してしまうことがあります。

歯周病と誤嚥性肺炎

歯周病菌が肺炎の原因に
誤嚥性肺炎とは食べ物や唾液が誤って気管支に入ってしまうために起こる肺炎のことです。
お年寄りや食べる機能に障害のある人は寝ている間に唾液を誤って飲み込み、口の中の歯周病菌によって肺炎を起こす事があります。歯周病を放置したり口の中が汚れたままにすると、肺炎を起こすリスクは高くなります。

歯周病と妊娠・出産

妊婦さんの歯周病に注意
歯周病によって作り出された物質によって『早産』する可能性が高くなり、また歯周病菌が羊水内に入ってしまうと胎児の成長に影響を与えるため『低出生体重児』が産まれる確率が約7倍以上高くなるといわれています。
また妊娠中は女性ホルモン(エストロゲン)が増加するため、口の中の歯周病菌の数も増加し、歯周病になりやすくなるともいわれていますので、妊娠する前に歯周病は直しておくことがベストです。