一生自分の歯で食べるには!



当サイトは上尾市のホワイト歯科監修の予防歯科の専門サイトです。


歯周病Q&A

歯周病は必ずかかる病気なのでしょうか
歯周病は必ずかかるわけではありません。歯周病の多くは、原因であるプラークや歯石を日頃の歯磨きや、定期的な歯科検診などを受けることにより除去することで予防することができます。予防できない歯周病もありますが、遺伝性の病気など、非常に特殊な場合です。
歯周病は塗布薬や飲み薬で治りますか?
歯周病の原因、プラーク(歯垢)はバイオフィルムという強固な膜を貼って歯に付着しているので、薬品の塗布だけでは除去しにくい状態になっています。また飲み薬は、菌を減らすために併用して飲む事がありますが、飲み薬だけで治すことは困難です。
歯磨きのときに出血したりしなかったりを繰り返すのですが歯周病ですか?
歯肉に炎症が起きていると食物や歯ブラシ程度の刺激でも歯肉から出血しやすくなります。炎症の進行やその日の全身の健康状態などにより必ず出血するとは限りませんが何回か繰り返し出血した場合は早めの受診をお奨めします。
朝起きたとき、歯ぐきに違和感があるのですが。
夜寝ている間は、唾液が流れずお口の中が乾きやすくなり、細菌の活動性が高くなります。つまり寝ている間は歯肉にとって危険な時間といえるでしょう。早めに受診をしてください。
だんだん歯が動いて歯並びが変わったような気がします
最近歯並びが変わった、歯がぐらぐらするような気がする、歯が長く見える、などの場合は注意が必要です。
歯周病は進行に伴って歯を支えていた骨(歯槽骨)が徐々に弱っていき、歯が動きます。今、腫れが治っていても、歯周病が治った訳ではありませんので早めに受診しましょう。
歯周病治療は痛いのですか?
歯肉の検査では、歯と歯肉の隙間である歯周ポケットの深さを測ります。また歯石を取るときは歯肉の上に覆い被さるように付いている歯石を取り除くのでどうしても器具の先端が炎症を起こして敏感になっている歯肉に触れます。多少チクチクと痛い感じはします。
それが我慢できないようであれば、表面麻酔(スプレー式の麻酔)を用いるなどの方法もありますので歯科医師に相談して下さい。
歯石とりにはどれくらいおきに通院したらいいのでしょうか
本来、適切な歯磨きができていれば歯石は付きません。また歯石の付きやすさにも個人差があります。当院では、半年に1回程度の通院をお勧めしています。
歯周病に年齢は関係ありますか?
一般的な歯周病は40歳前後に発症する場合が多いです。
タバコやお酒は歯周病に良くないのですか?
はい、良くありません。歯周病はタバコやお酒を常用する人に多く見られます。
歯周病はうつりますか
はい。うつる病気です。
歯周病菌は人から人へへ接触感染していきます。
親子、夫婦でも感染します。口移しの食事やスプーンスプーンなどの共用どで感染します。特にお子様をお持ちの方は、定期検診を受け、お口の中の細菌を少なくし、お子様に感染しにくい清潔なお口を保つ様に心がけましょう。