一生自分の歯で食べるには!



当サイトは上尾市のホワイト歯科監修の予防歯科の専門サイトです。


こんな症状は歯周病危険信号

歯磨きなどで歯茎(歯肉)から出血する号

健康な歯茎であれば普通の歯磨きで出血することはほとんどありません。
歯磨きのときに歯ブラシに血が付いていたり、硬いものを噛んだとき、出血していたらすぐにご相談ください。

口臭がする

歯周病の場合、歯周病菌(細菌)の繁殖によって起こるニオイですので、かなり強烈なニオイが特徴です。
口臭は自分では気付きにくく、他人も指摘しづらいので、気付かないまま歯周病が進行してしまうことがありますので口臭以外の症状に早めに気づく事が大切です。

歯茎が腫れている

歯茎(歯肉)が腫れたり、ブヨブヨ柔らかくなっている症状も歯周病の特徴です。

歯茎が赤黒い

健康的な人の歯茎(歯肉)はピンク色をしていますが、歯周病になると歯茎(歯肉)が赤色になり、さらに症状が進行すると赤紫と、徐々に歯茎(歯肉)の色が濃くなってくるのが特徴です。

口の中がネバネバする

歯周病菌が唾液の中に多く含まれていると「ネバネバ」としますので、特に朝起床時に口の中がネバネバしたり、何か気持ち悪い場合は歯周病の可能性があります。

歯茎から膿が出る

歯周病は症状が進行すると膿が溜まり、痛みを伴うようになります。

硬いものを噛むと痛い

おせんべいやたくあんなど硬い物を噛むと歯周組織が歯を支える事ができず痛みを生じます。

歯とに物が挟まりやすい

歯周病では歯と歯の隙間が大きくなるため物が挟まりやすくなります。また歯並びが悪くなってきたり、かみ合わせが悪くなる事があります。

歯茎(歯肉)が痒い

歯周病になると常に歯茎(歯肉)が痒かったり、痛みが生じる事があります。

歯がグラグラ揺れる

歯自体は健康な人でも多少は動きますが、歯周病になると骨、歯根膜などが溶かされて、すぐに気づくくらい、歯がグラグラしてきます。

歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯にみえる)

歯周病になると歯周組織が侵され、歯肉が後退し歯が長くなったように見えたり、昔よりも出っ歯になった気がすることがあります。

糖尿病にかかっている

糖尿病になるとさまざまな合併症が起こり、糖尿病の方の多くは歯周病になっているというデータもあります。
糖尿病の方は歯周病にも充分注意するべきです。