一生自分の歯で食べるには!



当サイトは上尾市のホワイト歯科監修の予防歯科の専門サイトです。


代表的な歯周病治療法

3つの代表的な歯周病治療法

当院での歯周病の治療は進行時期ごとに3つの方法で治療します。
《初期の歯周病》スケーリング
《中期の歯周病》ルートプレーニング
《末期の歯周病》フラップ手術
歯周病治療の基本は石のように固まって、歯の周りに付着している「歯石除去」です。
実は「歯石」は、それ自体が「細菌」の塊なのです。
この細菌の塊が、歯の奥まで侵入し炎症をおこし、歯や歯肉をダメにしていってしまいます。
この細菌の塊を取り除く事で、歯周病が改善しますが、中期や末期ではそれだけでは改善しない場合もあります。

《初期の歯周病》スケーリング

初期の歯周病では、歯石の付着が歯茎の内部のごく浅い部分だけであるため、超音波スケーラーや、ハンドスケーラーなどを利用して、麻酔なしで歯にこびりついた歯石を取ってゆきます。
痛みがひどい場合は麻酔を用いる場合もあります。

《中期の歯周病》ルートプレーニング

歯肉の奥深くに歯石が付着してしまっている場合はルートプレーニングを行います。
ルートプレーニングの目的は、歯石を除去することと、もうひとつ、「バイオフィルム」の破壊です。
「バイオフィルム」とは歯周病の細菌が手に手を取り合って、バリアを作ってこびりついている状態ですので、機械的な除去が必要です。

《末期の歯周病》フラップ手術

スケーリング、ルートプレニングではとりきれない、奥にまで入り込んでいる歯石は、フラップ手術と言う麻酔後に歯の周囲の歯茎を切開して歯茎の奥の見えない部分の汚れを直接視認しながら取り除く方法を用います。
基本的には1や2の処置をしても改善されない場合や緊急性の高い場合、この手術が行われます。

上記の方法で改善が見られない場合の療法

再生療法 GTR法

歯周外科の方法の中でも歯槽骨再生をうながす歯周病の手術が再生療法です。
その一つがGTR法で、これは特殊な幕を使って、歯槽骨の再生を促します。
(※健康保険適用)

再生療法 エムドゲイン法

エムドゲインは、スウェーデンで開発された歯周組織再生薬で、エムドゲイン(特殊なタンパク質の1種)を使って歯槽骨の再生を促します。これは子供のころ歯が生えてくるときに重要な役割をする蛋白質で、歯科外科手術の際に手術部位に、エムドゲインを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現します。
エムドゲイン法は、歯周病・歯槽膿漏によって失われた骨を回復させて、骨組織を作ることができる再生療法です。
(健康保険適応外/厚生労働省認可)

再生療法 GEM21S法

GEM21S法は、歯周病・歯槽膿漏によって失われた骨を回復させ、しっかりとした骨組織を作ることが目的の再生療法のテクニックのひとつですが、アメリカでは最新の再生療法と呼ばれています。
GEM21Sは、骨誘導因子PDGF(血小板由来成長因子)を化学的に作り、それにβ-TCP(リン酸第三カルシウム)と混ぜ合わせることにより、β- TCP(リン酸第三カルシウム)を足場として、PDFG(血小板由来成長因子)が血管を作り、組織、骨を誘導します。
PDGFシリンジ溶液とβ-TCP顆粒を混合して使用します。
データ的にはβ-TCP単独使用の約3倍の骨誘導効果が認められています。
(健康保険適応外/厚生労働省の認可は受けていません)

歯周病抗菌療法

歯槽膿漏、歯周病は細菌が感染して起こる病気です。
それなら、抗生物質薬で菌を殺せば治るのではないでしょうか?
実は「抗生物質薬だけ」では治りません。
抗菌療法を補助的な治療として併用し、物理的に歯石(細菌)を取り除く方法と、薬品を使った抗菌療法の併用が効果的です。
薬品だけでは歯周病が治らない理由として、「バイオフィルム」があります。
バイオフィルムとは歯周病の細菌が集合体を作り、その表面にバリアを張って殻に閉じこもっているような状態のことを示します。このバイオフィルムは強力なので、機械的な破壊が必ず必要になってくるからです。
薬品を使った抗菌療法の併用は、ほとんどの方に効果があり、歯周病が治りやすくなります。
特にかなり喫煙をされる方、毎日お酒を飲まれる方は効果が出にくい場合があります。