一生自分の歯で食べるには!



当サイトは上尾市のホワイト歯科監修の予防歯科の専門サイトです。


歯周病の予防と再発防止

歯周病は治らない?

以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となりましたが末期の症状まで進んでしまわないうちの予防と定期的な検診が重要となります。

歯周病の予防

歯周病の原因は歯垢です。歯垢ををためない、増やさないことが基本です。

《1》正しい歯磨きを毎日すること

歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が何より大切です。

《2》検診を受け、PMTCで歯の奥の歯垢を定期的に取り除く

歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、歯周病を引き起こす細菌を徹底的に除去します。

《3》菌によって炎症を起こした歯肉は早めの治療によって健康な歯肉にすること

歯がぐらつく、口臭がにおうなどの初期症状のうちに、早めの治療を行うことによって、症状が悪化する前に歯周病を予防することができます。

歯周病になりやすい箇所に注意

★歯と歯の間
歯と歯の間は、歯周病になりやすい要注意ポイント。デンタルフロスなどを使って歯垢を取り除きます。
★物が挟まりやすい箇所
食べ物などがよくよく挟まる箇所がありませんか?物が挟まった状態は歯周病が急速に進行するため、毎日必ず取り除くことが大切です。
★奥歯
奥歯の後ろ側は、歯ブラシが届きにくく、特に親知らずがある場合は、歯垢が貯まる原因になりやすいので、特に意識して磨いてください。
★歯並びが凸凹の箇所
八重歯や乱杭歯など、歯並びが乱れている部分の歯と歯の間は、虫歯になりやすいだけでなく、菌がたまりやすいため、歯周病にもなりやすい箇所です。
★腫れたことがある箇所
度腫れてしばらくしてから治った経験がある場所は、菌がたまりやすい箇所なので、要注意ポイントです。

毎日のケアだけではとりきれない汚れをPMTCで取り除く

当院では、PMTCというプロが行う歯のクリーニングを行っています。
PMTCは日常の歯ブラシで取れない汚れを薬品を歯の表面に吹き付ける方法や超音波スケーラーを併用しきれいに取り除くことができます。
定期的に行うことにより汚れの付きやすいところや虫歯になり易いところが把握でき、歯周病の予防、早期発見に役立ちます。